千葉市の粗大ごみ・不用品回収

「粗大ごみの処分をしたい・・・」どうすればいい?
千葉市にお住いの方が不用品を処分したいなら役に立つ!

千葉市で粗大ごみ処分【厳選】不用品回収業者

千葉市の不用品回収業者で、人気の業者をランキング。「今すぐに不用品を回収してほしい」そんな望みをかなえてくれる業者【厳選10社】掲載しています。

  1. クリーンライフ(Clean Life)

    埼玉に強い!激安片付け&不用品回収

    クリーンライフ(Clean Life)

    見積もり料金完全無料基本料金0
    即日対応 日時指定 お見積り 解体作業 階段対応 荷物吊し下げ
    対応可能 指定可能 完全無料 対応不可 対応可能 対応可能
    買い取り 無料引き取り 引っ越し 産業廃棄物 パソコン廃棄 重要書類裁断
    買取可能 対応不可 対応可能 対応不可 対応不可 対応可能

    お電話で今すぐお見積り依頼

    0066-9687-7609 受付時間受付時間9:00〜20:00 【年中無休】

  2. スマイルワン

    関東エリア1都4県に対応!安心価格で高品質な不用品・粗大ごみ回収サービス

    スマイルワン

    見積もり料金完全無料基本料金0
    即日対応 日時指定 お見積り 解体作業 階段対応 荷物吊し下げ
    対応可能 指定可能 完全無料 対応可能 対応不可 対応不可
    買い取り 無料引き取り 引っ越し 産業廃棄物 パソコン廃棄 重要書類裁断
    買取可能 完全無料 対応可能 対応可能 対応可能 対応可能

    お電話で今すぐお見積り依頼

    0066-9687-7870 受付時間毎日9:00~20:00

  3. 片付けクリーンアップ

    粗大ごみ・不用品まるごとお任せOK!業界トップクラスの安さ&対応力

    片付けクリーンアップ

    見積もり料金完全無料基本料金0
    即日対応 日時指定 お見積り 解体作業 階段対応 荷物吊し下げ
    対応可能 指定可能 完全無料 対応不可 対応不可 対応不可
    買い取り 無料引き取り 引っ越し 産業廃棄物 パソコン廃棄 重要書類裁断
    買取可能 完全無料 対応可能 対応可能 対応可能 対応可能

    お電話で今すぐお見積り依頼

    0066-9687-7470 受付時間営業時間8:00-24:00【土日休まず営業中】

  4. エコライン(ECOLINE)

    年間1600件の実績!業界最安水準!どこよりも安く回収

    エコライン(ECOLINE)

    見積もり料金完全無料基本料金0
    即日対応 日時指定 お見積り 解体作業 階段対応 荷物吊し下げ
    対応可能 指定可能 完全無料 対応不可 対応可能 対応可能
    買い取り 無料引き取り 引っ越し 産業廃棄物 パソコン廃棄 重要書類裁断
    買取可能 対応不可 対応可能 対応不可 対応不可 対応可能

    お電話で今すぐお見積り依頼

    0066-9687-7187 受付時間8:00~24:00土日休まず営業中

  5. GoMeee(ゴーミー)

    電話1本で回収にお伺い

    GoMeee(ゴーミー)

    見積もり料金完全無料基本料金0
    即日対応 日時指定 お見積り 解体作業 階段対応 荷物吊し下げ
    対応可能 指定可能 完全無料 対応不可 対応不可 対応不可
    買い取り 無料引き取り 引っ越し 産業廃棄物 パソコン廃棄 重要書類裁断
    買取不可 対応不可 対応不可 対応不可 対応不可 対応不可

    お電話で今すぐお見積り依頼

    03-6318-1022 受付時間9:00~20:00

対応エリア

千葉県
千葉市
浦安市
鎌ヶ谷市
市川市
習志野市
松戸市
船橋市
柏市
八千代市
流山市
野田市

千葉市の粗大ごみ・不用品回収を解説

千葉市のゴミ事情

千葉市のゴミの量は千葉県で第1位です

千葉市は県庁所在地として県の中枢を担っています。政令指定都市及び業務核都市に指定されおり、市の人口は972,861人(平成28年2月時点)です。高度経済成長期以降の大規模埋立によって広大な土地を得て宅地開発が進んでいますが、若葉区、緑区には自然が多く残されています。千葉市は日本で13番目に多くの人口を抱える市であり、市の人口は増えつつけています。ゴミの総排出量(生活系ゴミ収集量+事業系ゴミ収集量+直接搬入量)を調べてみると、385,650tでした(平成24年度実績)。この値は千葉県内では断トツの第1位となります。

千葉市ではゴミ削減対策が効果を表しています

ゴミの総排出量が千葉県内で第1位の千葉市では、各家庭から排出される生活系ごみが減量されていることもあり、ごみの削減に成功しています。千葉市では、人口が増加傾向にあるため、ごみの量もそれに合わせて増えていると考えられますが、市民の努力によってしっかりとゴミを減らしています。しかし、人口が多いこともあり、総量としては未だ2位以下の市町村の倍近い数値となっています。

年度 総量 生活系ゴミ
平成20年度 396,795t 238,223t
平成22年度 381,979t 210,738t
平成24年度 385,650t 207,462t

市民1人1日当たりのゴミの量は県の平均を大きく超えています

ゴミの搬入量が減少傾向を示している千葉市の、市民1人1日当たりのゴミの量を調査すると、生活系ごみは大きく減少していますが、事業系ゴミの量は僅かながら増えています。家庭においては、ごみを減らす努力が実を結んでいますが、市内にある事業所においてはゴミ削減のための対策が充分でないようです。事業系ごみの量が多いため、千葉市民1人1日当たりのゴミの量1,101g(平成24年実績)は、千葉県の平均値960gを大きく超えてしまっています。分類別で見ると、生活系ごみは県の平均を下回っていますが、事業系ごみに関しては、県の平均258gを大幅に超えており、千葉市のごみ問題を解決するための課題であると判断出来ます。

市民1人1日当たりのゴミ搬出量

年度 合計 生活系ごみ 事業系ごみ
平成20年度 1,177g 772g 405g
平成22年度 1,118g 722g 396g
平成24年度 1,101g 692g 409g

千葉市のごみ削減対策について

千葉市では、ごみ削減のため様々な取り組みを行っています。ごみ減量のための「ちばルール」行動協定があり、「ちばルール」に基づき、市民、小売業者、千葉市が各自の役割と責任を認識し、ごみの発生抑制、再資源化の促進および環境への負荷の低減につながる消費・販売行動の実践を通じて、「ちば型」の資源循環型社会づくりを進めています。そのため、「ちばルール」に則り行動していくための証しとして、小売事業者と協定を締結しています。また、「マイバッグ持参向上キャンペーン」を実施しており、平成24年度こども議会「環境にやさしいまちづくり」グループの「レジ袋削減及びマイバッグ利用促進」の提案により、市立小学校の児童を対象とするマイバッグデザインコンテストを実施しました。

千葉市の特徴

千葉市は幕張新都心を中心に発展し続けています

千葉市は、古代より「千葉郷」と呼ばれる地域で、平安時代から平家一門である千葉氏の支配下にありました。第2次世界大戦で大規模な空襲により、市の7割が壊滅する甚大な被害を受けました。戦後は復興を目指して京葉工業地域を形成し、大規模な埋め立てを行うことで経済的に発展しました。近年は、幕張新都心を中心とする都市開発が進んでおり、イオンなどの大規模商業施設が次々と出店しています。幕張新都心には、千葉ロッテマリーンズの本拠地である千葉マリンスタジアムやコンベンションセンターの幕張メッセなどがあります。国勢調査のデータから市の人口の推移をみると、昭和45年には482,293人でしたが、平成22年には962,130人まで倍増しています。現在も人口は増え続けています。

千葉市のゴミに関する情報

千葉市の粗大ごみの出し方・収集方法

家庭で出るゴミのうち、千葉市指定のごみ袋に入らない大きさのものは粗大ごみになります。但し、木の枝、傘、一升炊きまでの炊飯器、洗面器など品目によってはごみステーションに出すことが出来ます。粗大ごみを処理する場合、収集を依頼するかご自身で清掃施設に持ち込んで処理する2つの方法があります。

粗大ごみ受付センターに収集を依頼して処理する方法
  1. 粗大ごみ受付センター(043-302-5374)に電話で申し込む。
  2. 指定された金額の粗大ごみ処理手数料納付券を購入する。
  3. 収集日の朝8時までに指定された場所に粗大ごみを出す。(納付券に「収集日」と「受付番号または名前」を記入し、粗大ごみに貼り付ける)
清掃施設に自己搬入して処理する方法

地域によって搬入できる施設が異なります。

中央・美浜環境事業所 TEL:043-231-6342
花見川・稲毛環境事業所 TEL:043-259-1145
若葉・緑環境事業所 TEL:043-292-4930

上記施設に持ち込んで処理する場合は、以下の手順となります。

  1. 事務所で「粗大ごみ自己搬入受付票」を記入
  2. 粗大ごみの品目に合わせて粗大ごみ処理手数料を支払う
  3. 粗大ごみを粗大ごみ置き場に移動する
  4. 終了
新港クリーン・エネルギーセンター、北清掃工場、北谷津清掃工場、新浜リサイクルセンターに持ち込んで処理する場合は以下の手順となります。
  1. 計量棟又は事務所にて、「処分地使用申請書」など必要書類を記入する。
  2. 計量機でごみを積んだ車両ごと重量を計量する。
  3. プラットホームに移動し、施設職員の指示に従ってごみを投入する。
  4. 再度ごみ計量機で車両の重量を計量する。
  5. 計量棟又は事務所にて、10kgごとに270円(税別)の手数料を支払う。
  6. 終了

料金は品目に応じた4段階で、370円・750円・1,120円・1,500円のいずれかになります。上記施設のほか、布団類、カーペット、畳を除く品目は、新浜リサイクルセンターに搬入することが出来ます。布団類、カーペット、畳に関しては、新港クリーン・エネルギーセンター、北清掃工場で処理しています。尚、清掃工場はそれぞれ定期修繕期間があるため、その間は持ち込むことができません。事前に問い合わせてから搬入してください。

粗大ごみ収集地区一覧

千葉市では、以下の地区で粗大ごみの収集を行っています。

中央区

青葉町 白旗 登戸
赤井町 新宿 花輪町
旭町 新千葉 浜野町
市場町 新田町 東千葉
稲荷町 新町 東本町
亥鼻 神明町 富士見
今井 末広 弁天
今井町 蘇我 星久喜町
院内 蘇我町 本千葉町
鵜の森町 大巌寺町 本町
大森町 千葉寺町 松ケ丘町
生実町 千葉港 松波
春日 中央 港町
葛城 中央港 南生実町
要町 椿森 南町
亀井町 鶴沢町 都町
亀岡町 出洲港 宮崎
川崎町 道場南 宮崎町
川戸町 道場北 村田町
栄町 問屋町 矢作町
寒川町 長洲 祐光
塩田町 新浜町 若草
汐見丘町 仁戸名町

花見川区

朝日ケ丘 さつきが丘 花園
朝日ケ丘町 三角町 花園町
天戸町 武石町 花見川
内山町 大日町 幕張町
宇那谷町 千種町 幕張本郷
柏井 長作台 瑞穂
柏井町 長作町 南花園
検見川町 浪花町 み春野
こてはし台 西小中台 宮野木台
犢橋町 畑町 横戸台
作新台 花島町 横戸町

稲毛区

穴川 黒砂台 天台町
穴川町 小仲台 轟町
あやめ台 小中台町 長沼町
稲丘町 小深町 長沼原町
稲毛 作草部 萩台町
稲毛台町 作草部町 緑町
稲毛町 山王町 宮野木町
稲毛東 園生町 弥生町
柏台 千草台 六方町
黒砂 天台

若葉区

愛生町 川井町 千城台南
五十土町 北大宮台 千城台北
和泉町 北谷津町 都賀
大井戸町 古泉町 都賀の台
大草町 御殿町 殿台町
太田町 坂月町 富田町
大広町 桜木 中田町
大宮台 桜木北 中野町
大宮町 更科町 西都賀
小倉台 佐和町 野呂町
小倉町 下泉町 原町
御成台 下田町 東寺山町
小間子町 高品町 みつわ台
貝塚 高根町 源町
貝塚町 多部田町 谷当町
加曽利町 旦谷町 若松台
金親町 千城台東 若松町
上泉町 千城台西

緑区

あすみが丘 おゆみ野有吉 土気町
あすみが丘東 おゆみ野中央 富岡町
板倉町 おゆみ野南 中西町
大金沢町 鎌取町 東山科町
大木戸町 上大和田町 平川町
大椎町 刈田子町 平山町
大高町 小金沢町 古市場町
大野台 椎名崎町 辺田町
落井町 下大和田町 誉田町
越智町 大膳野町 茂呂町
小山町 高田町 小食土町
おゆみ野 高津戸町

美浜区

磯辺 高洲 ひび野
稲毛海岸 高浜 幕張西
打瀬 豊砂 真砂
幸町 中瀬 美浜
新港 浜田 若葉
不法投棄の現状について

家庭および事業所において不法投棄を行った場合は、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下(法人の場合は3億円以下)の罰金となります。また、不法投棄の未遂に関しても同様の罰則が科せられます。不法投棄は犯罪です。千葉市の一般廃棄物等の不法投棄の現状を調査すると、平成24年度の発生件数は2,171件で、投棄量は341tでした。投棄場所は山林、農地、道路、河川など市内のほとんどのエリアです。

ゴミ・リサイクル関連施設のご紹介

千葉市の清掃施設一覧

環境事業所
名称 電話 所在地
中央・美浜環境事業所 043-231-6342 中央区都町1307
花見川・稲毛環境事業所 043-259-1145 稲毛区宮野木町2147-7
若葉・緑環境事業所 043-292-4930 緑区平山町1045-5
清掃工場
名称 電話 所在地
新港クリーン・エネルギーセンター 043-242-3366 美浜区新港226-1
北谷津清掃工場 043-228-3911 若葉区北谷津町347
北清掃工場 043-258-5300 花見川区三角町727-1
リサイクル施設
名称 電話 所在地
新浜リサイクルセンター 043-263-9100 中央区新浜町4

※千葉市ホームページ参照

新浜リサイクルセンターについて

新浜リサイクルセンターは、資源物、粗大ごみ・不燃ごみの中から、資源として再利用できるものを取り出してリサイクルを推進することで埋め立ての量を減らすことに貢献しています。そのほか、リサイクルについて知識を深め、体験もできる場所「リサイクルプラザ」を併設しています。

職場で出るごみ・産業廃棄物について

事業所から出るごみの出し方

事業所・商店・飲食店など事業活動に伴って発生する事業系一般廃棄物は、一般家庭ごみの集積所には出せません。廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、事業者自らの責任で処理することが定められています。事業系一般廃棄物については、市町村の許可を受けた処理業者に委託して処理するか、事業者自ら清掃工場に搬入し、正しく処理してください。

許可業者に処理委託する際の料金は、10kgまでごとに470円または1立方メートルまでごとに9,400円(税別)となります。自己搬入する場合、料金は10kgまでごとに270円(税別)となります。(可燃ごみ)

産業廃棄物について

産業廃棄物とは、事業活動により生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類の6種類と「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令」で定めるゴムくず、金属くず、ガラスくずなど14種類の合せて20種類の廃棄物のことを示します。産業廃棄物を処理する場合、事業系一般廃棄物収集運搬業の許可を取得した業者に依頼するなど、事業者が自己責任において適正に処理しなければいけません。また、廃棄物の内容や量によっては行政に届け出等をする必要があります。

千葉市の引越しの不用品処分にも最適

家具・タンス・ベッド・ソファ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・学習机が最安価格で価格で回収してもらえる不用品回収業者をしっかり比較してみよう!

copyright © 粗大ゴミ回収ガイド All Rights Reserved.